チート的なキャッシングのお話し

チート的なキャッシングのお話しとは!?

「チート.」とは、ズル・イカサマ・騙す・不正を行うといった意味があるようですが、日本ではちょっと意味が違ってきて、主にゲームの世界の不正改造などを指すときに使われるようです・・・

 

話しが少しそれましたが、もし仮に、どうしてもお金が必要な時.......。やはり、真っ先に思い浮かぶのがキャッシングですよね。ただ、利用するには必ず審査に通らなければなりません。

 

しかし、その審査に落ちてしまったら・・・。それこそ、チートしてでも審査に通りたいと思うはず!?また、キャッシングの返済に悩んでるとしたら、チートしてでもチャラにしたくなりますよね。

 

でも残念ながら、審査や返済はもちろんのこと、キャッシングでは、ズル、イカサマ、不正等はもちろんできません。それなら少しでもキャッシングの知識を身につけて賢く利用したいところです。

 

当サイトでは、役立つキャッシング情報から消費者金融会社の情報まで、知って得する情報をいろいろと紹介しています。是非、キャッシングを利用する際の参考にしてくださいね!

 

キャッシングを利用するときの注意点

 

消費者金融などでキャッシングを利用してお金を借りるときには、いくつか注意しなければならない点があります。

 

本来簡単にお金を借入できるキャッシングですが、借金をしているということを忘れないようにすることが必要になります。

 

「自分はお金を借りている」、ということを意識していることで、上手にキャッシングを利用することができるようになるのです。

 

更に借入れをすることで、普段の生活に問題が無いかを考える必要もあります。借りるからには必ず返さなければいけないワケですし、返済できる確信が無ければ本来借りることはできません。

 

キャッシングは、生活する上での銀行口座の一つのように思う人がいますが、大きな間違いです。限度額が一杯になって不便になると、他社で借りるということを繰り返す人もいます。

 

そうしているうちに、トータルの返済額がどんどん膨れ上がってしまい、いずれ返済できない状態になりかねません。生活する上で問題なく返済できる額かどうかを見極めた上で利用しましょう。

 

どうしても延滞するような時には、なるべく早い段階でキャッシング会社に伝えることです。キャッシング会社との信頼関係を築くことができるように、誠実に利用することが大切だからです。

 

キャッシンを利用する上で必要なもの

 

キャッシングの種類によって必要な物は変わってきます。また、キャッシング会社によっても多少の違いは出てくるでしょう。

 

そのため、お金を借りたいと思った時は、事前に必要書類などについて問い合わせを行い確認することが必要です。

 

まず、基本的に必要になってくるのが本人確認書類です。これについては、運転免許証があれば特に問題はありません。

 

もし持っていない場合は、健康保険所をはじめとする各種保険証や住民基本台帳カード、また、パスポートや在留カードなど、本人であることが確認できるものが必要になります。

 

ただ、これらの書類に記載されている住所が現在の住所と違う場合は、公共料金の領収書や住民票の写し、キャッシング会社によっては、印鑑証明書が必要になることがあります。

 

本人確認をする証明書以外では、収入証明書類が必要になることが多いです。これにあたるのが、源泉徴収票や住民税決定通知書、そして、確定申告書や所得証明書、給与証明書などです。

 

例えば、他社を含めた借り入れ額の合計が100万円以上の場合や、現在利用している借入額が既に50万円を超えるというような場合には、契約をする前に提出が必要になることもあります。

 

なお、キャッシング申し込みの際に提出した書類に不備があると、また提出し直しということになりますので、できるだけ不備のないようにきちんと確認してから提出するようにしましょう。